• 1 ダリアと蝶
    ・・・・・
  • 2 石 斛
    自 宅
  • 3 パスカリ
    自 宅

高知の旅 最終

Category : たび

最終3日目は高知城と竹林寺


2度とも天守を見ただけでしたので 高知3度目にして初めての高知城天守です。

高知城もモネの庭も3人とも行きたかった場所! 天守へ登るのが楽しみでしたぁ~

山内一豊(妻の鏡の千代さん)で知られる高知城!
国の重要文化財の高知城 以前は国宝だったらしいです。

関ヶ原の戦いの功績により徳川家康から土佐一国を拝領した山内一豊
それ以前は長宗我部氏が治めていた。
自然災害や明治維新による全国的な廃城の嵐 太平洋戦争など幾度となく襲った危機を乗り越え
「南海道随一の名城」と呼ばれる優美な姿をした建物を今に残しています。
平成15年には、築城400年 再建から250年を超えているとのこと。
本物の城の持つ偉容が訪れる人々を今日も歴史のロマンに誘っています。

”高知城天守”
(手前は天守西北矢狭間塀)
天守構造→独立式望楼型 4重6階(1601年築・1747年再、現存)


"山内一豊像”


”睡蓮二種”




”自由民権運動で知られた 板垣退助像”


”追手門”


天守へ登ります。
サムネィル画像クリックで少し大きく開き 【窓を閉じる】或いは×で閉じてくださいね。
1番はNHK大河ドラマ「功名が辻」の山内一豊の妻千代役の衣裳(仲間由紀恵さん着用)
6番三葉柏文(土佐柏)は山内氏の家紋
<
1.山内千代役のドラマ衣裳
<
2.高知市街を望む
<
3.角度を替え高知市街を望む
<
4.三の丸石垣
<
5.公園と高知市街
<
6.三葉柏文鬼板瓦
<



”帳題構え”
クリックで武者返しという隠れ間です。
チェンジクリック別ウインドーが開きます×で閉じてくださいね。
<>

”黒鉄門”


”高知城天守と詰門(手前)廊下門(奥)”




 高知城の後!貴重な時間で再度 タクシーで五色山へ 
牧野植物園へも行きたいと思ったのですが 2時間は必要とのことで竹林寺に参拝しました。
文殊菩薩に拝礼しキット頭が冴えるでしょうか???私のように邪念が有ると無理かも?


”五台山竹林寺 四国霊場第三十一番札所” 
♪土佐の高知のはりまや橋で坊さんかんざし買うを見た♪…
よさこい節にも歌われている純信とお馬 
四国霊場八十八カ所で唯一  文殊菩薩を本尊とする学問のお寺です。...








”本 堂”
白衣(はくえ)の巡礼姿の方たちもちらほら


”太子堂”


”五重塔”


”苔 庭”


”山門へ登る長い石段”


”山 門”


”新郎新婦 お幸せに…”
真夏日でしたので花嫁さんキット暑かったでしょうね?


”弘法大師像 山門を降りたところで”


高知駅前に帰り少し遅い昼食は好物の「讃岐うどん」   JR高知駅よりゴトゴト揺れる南風号に乗車

”特急南風18号14時13分発(アンパンマン号でした) 


高知から揺れる事!2時間23分岡山到着 
岡山から東西に別れ 次の再開を約し新幹線で帰路に就いたぁ~

更新が前後しましたがお付き合いいただきありがとうございました。

撮影は2017年5月30日高知市内にて…



Posted by 菜桜 on 17.2017   24 comments

竜馬生誕地跡 花の庭

Category : たび


撮影の順序が前後いたしましたが 坂本龍馬生誕地跡と
竜馬の生まれた町記念館を訪ねて見ました 撮影禁止の場所以外を撮ってきた。
高知市の専門ガィド付きです。
龍馬が土佐藩を脱藩するまでの少年,青年時代のエピソードを映像や音声で紹介していました。

 
”坂本龍馬生誕地跡”




”竜馬の生まれた町記念館”




”立派な器です”


"竜馬と妻のおりょうさん”
おりょうさん!実際には高知に行ったことないと私は思う。
チェンジクリックで別ウインドーが開きます。 <>

”竜馬と女傑の姉乙女さん銅像”
母の死後竜馬を育てた言われている乙女さん とっても仲が良かった姉弟。


高知名物のゆずとカツオを使った一日め夜のメニュー 箸の袋はローマでなく「リョーマの休日」でした。
ホテルからのサービスドリンクゆずのチュウハイ 下はカツオの塩たたきとお刺身です。

2,017年月28日撮影は高知市内にて


高知県北川村 モネの庭 2017年5月29日撮影 
【花の庭編】

バラが中心ですが 少し遅い感あり!バラ以外も沢山の花が咲き乱れていましたぁ~
花名プレートは殆ど付いてなく 無記名で更新しています。
















"ムクゲ”


フォトチャンネルで大きくしてご覧くださいね 右下の鉛クリック ESCキーで元へ戻ります。








Posted by 菜桜 on 12.2017   30 comments   0 trackback

中岡慎太郎と岩崎弥太郎

Category : たび

モネの庭と中岡慎太郎生家は同じ北川村 歴史大好きな私の我がままを聞いて貰い
安芸市の岩崎弥太郎生家にも訪れることができ お二人に感謝しています。


高知県安芸郡北川村柏木の大庄屋の長男として生まれた 中岡慎太郎
慶応三年(1867年)の11月17日 亡くなったのが29歳のわかさ。
この人は坂本竜馬が暗殺された「近江屋事件」で負傷していたのですが、
その後2日だけ生き延びていたのです。
ほぼ即死だった竜馬(当時33歳)の代わりにさまざまな証言を残したと 色々の記事などから。。。


幕末の京都で1862年には薩摩藩の尊王派志士が鎮撫され 1866年には伏見奉行により
坂本龍馬が襲撃された二つの事件の現場となった京都伏見の寺田屋。


 【坂本龍馬はそれまで宿舎としていた薩摩藩の定宿であった寺田屋が
江戸幕府に目をつけられ急襲(寺田屋事件)されたため 三条河原町近くの材木商鮓屋を京都での拠点にしていたが
慶応3年10月頃には近江屋(醤油屋)へ移った
近江屋事件は 江戸時代末期(幕末)の慶応3年11月15日(1867年 12月10日)に坂本龍馬と中岡慎太郎
山田藤吉の3人が京都河原町近江屋井口新助 邸において暗殺された事件】 【 】内はネットより抜粋


”中岡慎太郎邸宅跡”


”中岡慎太郎生家正門”


”中岡慎太郎生家”
直ぐ下の画像も右につながる!




”裏 庭”
飛び石 ユキノシタ 枇杷







"ジャガイモの花”
実が成るとは初めて知りました。




ジャガイモの花2枚は中岡慎太郎生家の直ぐ下で咲いていたぁ~ 面白いので撮影してみた。

”中岡慎太郎記念館”


”石段をあがると中岡慎太郎記念公園”


 ”山と川のどかな風景 左に中岡慎太郎生家”


「モネの庭」の花でつくる中岡家の家紋 幕末の志士中岡慎太郎の生家周辺に
北川村「モネの庭」で栽培した花15000ポットを使って
10mサイズの中岡家家紋を作る。デザイン・制作は昨年
フランス文化勲章を受章した「モネの庭」庭園管理責任者川上裕氏。
偶然にも出会いました 私たちの訪ねた前日まで 中岡家の家紋が作って有ったそうです。

”その中の一種類赤いサルビア”
白いペチュニア等あり 全部でもあげるから持って帰ってと言われたのですよ!
遠いし重いし低調にお断りしました そこで青い睡蓮の話を聞いたのです。





2,017年5月29日高知県安芸郡北川村柏木にて撮影

中岡慎太郎生家を後にし また奈半利駅へそこからおよそ20分で安芸駅に到着

安芸市に移動 撮影は5月29日

”安芸ドーム”
阪神タィガースのキャンプ地 ドームの裏にもスタジアムが有りました。
阪神ファンが多いそうです。


”安芸駅まで阪神タィガース号”


”安芸駅”




”岩崎弥太郎銅像”


”岩崎弥太郎生家入口”


”岩崎弥太郎生家”


三菱財閥の創業者 岩崎弥太郎の生家・・・・・
弥太郎の曾祖父、弥次右衛門が建てた家で、当時の中農の標準的な家。
土蔵の鬼瓦には、岩崎家の門「三階菱」がついている。


”土蔵の鬼瓦”
チェンジクリック説明文が開きます。
<>
1865(慶応元)年、坂本龍馬が中心となって志士たちが結成した。社中は「仲間・結社」を意味し
長崎の亀山にあったため、この名で呼ばれる。薩摩藩などの資金援助を受け
物資運搬や貿易の仲介をした。その後、「海援隊」となった。
そこで弥太郎は竜馬と出会うが 約一年半の付き合いとなったようです。


”裏庭の石積み”


”ホット!くつろぎ 皐月” 


”龍吐水 消火ポンプの事”


”岩崎弥太郎記念碑”


岩崎家からタクシーで遠回りし野良時計を見学
家ごとに時計のなかった明治の中頃土地の旧家で地主であった畠中源馬氏が
自分で時計組み立ての技術を身につけ、歯車から分銅まで手づくりで作り上げた時計台。
個人所有の時計ですから お邪魔しないように望遠で撮影

”畠中家住宅の野良時計2台”




日本三大ガッカリスポット→はりまや橋と並ぶ 札幌時計台より立派でした(獏
モネの庭「花の庭」編は 編集が遅れ 順序が狂いましたが 次回に更新の予定です。



Posted by 菜桜 on 09.2017   13 comments   0 trackback

クロード・モネの世界

Category : たび

JR高知駅を8時30分出発途中 JR後免駅からは土佐電ですが 
JRと土佐電との直通の快速電車で1時間20分 モネの庭に10時到着!
土佐くろしお鉄道 後免(ごめん)・奈半利(なはり)線です。
ICカードは使えず(驚き) 一日乗り放題のパスを1650円で求めました。


岡山から高知まではなんとアンパン号で 高知から奈半利までは阪神タィガース号もあります♪

★電車は アンパンマン号★


★土佐くろしお鉄道 奈半利駅★
人がいなくて吃驚 右端のスーパに入りタクシーの電話番号を聞き まもなくタクシーが来てくれた。
乗車する事10分で到着


高知県安芸郡北川村野友に在る庭園。
●1996年 - 村職員が渡仏
●1998年 - フランスよりモネの庭の管理責任者 ジルベール・ヴァエが北川村を訪れる。
●フランスからいただいた苗を育てはじめる。
●1999年10月 - マルモッタン美術館館長アルノー・ドートリヴより公園名称をいただく!
●2000年4月19日 - 開園 現在に至る!

日本では此処高知県川北村と岐阜県関市と2か所だけにモネの庭があります。

“光の画家”印象派の巨匠クロード・モネが描いた理想の庭と言われています。

青い睡蓮は全国どこでもありますが こちら北川村と関市 そして倉敷市の大原美術館のみ!
庭を管理されている デザィナーのお話から…

 【水の庭】

★左側の石段を上り モネの池へ★



★右側の石段を上ると滝が涼しそう★


★モネの睡蓮池★




★睡蓮やバラが水鏡に映えて…★














★ヤマボウシ★


この庭は、モネがこよなく愛したフランス・ジヴェルニーの庭をモデルに創られた。
色とりどりの睡蓮とゆらめく水面 太鼓橋や藤棚 バラのアーチ等混ざり合う光と花の色…
庭を散策すると 彼が描いていた風景をかいまみるような気がいたします。
水鏡に映る木々や草花の美しい♪ 北川村のまぶしい光と青い山海を背景に・・・・・・・・・・
四季折々の自然模様を描きだし、草木の成長とともにその姿を変えているもようです。


『モネの庭』には3人の意見が一致し楽しみにしてた場所です。
青い睡蓮を楽しみにしていましたが 6月下旬から開くと聞き少しガッカリ!

★ヒエンソウ★


★ポリジ★


★サラサウツギ★


★オダマキ★


★ニワゼキショウ★


★通路から見た花★
サムネィル画像クリック ×か「窓を閉じる」クリック で元に戻ります。
 
<
1・この葉何だろう?
<
2・ジキタリス
<
3・ヒエンソウ
<
4・河原撫子
<
5・どくだみ
<
6・花菖蒲
<


★アッ枇杷だぁ~★


★アグロテンマ(ムギナデシコ)★


水の庭園の中は人の山でしたが 真夏日にも関わらず 
植物が沢山有り木漏れ日の散策は心地良かった。


2,017年5月29日高知県安芸郡北川村野友 モネの庭にて撮影






Posted by 菜桜 on 05.2017   17 comments   0 trackback

土佐の高知

Category : たび

高知の旅は今回で3度目ですが 以前は2回ともツアーでしたので 
今回は行けなかった処を含め広範囲に歩いてきました。
何時もの友人との3人旅です。



高知県といえば何?という質問に 《坂本竜馬》と答える 私だけではないと思います。
薩摩藩と長州藩の同盟を成功させた立役者として 今も多くの人をひきつける坂本竜馬




”JR高知駅”


”駅前に3名の銅像 左から武市半平太 坂本龍馬 中岡慎太郎”
銅像は二枚とも逆光で観にくい画像となりました。


桂浜へ移動
坂本龍馬記念館は休館中でした来年の4月には開館の予定だそうです。

”坂本龍馬銅像 ”


”桂 浜↓”








”船の向こうのなだらかな山辺りが室戸岬”


”海津見神社”


”国民宿舎 桂浜荘”



桂浜を後にし高知市内を一望出来る五色山へ


”ペギー葉山さん歌唱の石碑”
南国土佐を後にしてぇ~♪
都へ来てから いくとせぞ 思い出します 故郷の友が  
 門出に歌った よさこい節を・・・・・







”高知市内を望む”


”竹林寺の塔が見えますが30日にお参りしました”


”天皇陛下の植樹された馬酔木”


”NHKテレビ塔”


高知市中心部にある道路橋 長さ約20mの桁橋で驚くほどの少ささです。
「よさこい節」の歌詞の中に出てくる
竹林寺の僧・純信が恋人である鋳掛屋の娘・お馬の為に髪飾りを買ったという悲恋物語
”はりまや橋”
坊さ~んかんざし買うを見たぁ~♪







2017年5月28日 高知市内にて撮影


留守中に咲いてた花たち↓
撮影は2017年6月1日自宅

❤紫つゆ草❤


❤スパーボール❤











Posted by 菜桜 on 01.2017   24 comments   0 trackback
 HOME 

Love Clock

グラフィカルとけい
Sweets

プロフィール

菜桜

Author:菜桜
FC2ブログへようこそ!
夫の転勤に伴って全国通津浦々 
好きなバラを撮り また旅も温泉も好き
読書 刺繍も好き。。。
特にスポーツ観戦なんでも大好き!

拍手欄には管理人のみへのコメントは入ります

ノーマルカレンダー

<< 10
2017
>>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新トラックバック

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード